映画館で照明が落ち、楽しみにしていた映画が上映されるときのワクワク感はたまらないですよね。ところが、いざ始まると他の人の行動が気になってしまい、せっかくの映画が台無しになってしまった…という経験はありませんか? 今回は映画館でイラッとさせられた客について聞いてみました。

 1位には《おしゃべりをしてうるさい》が選ばれました。上映中にしゃべらないというのは基本的なマナーのはずですが、《おしゃべりをしてうるさい》客にイラっとしてしまった経験をしたことがある人は意外と多いのかも。映画館によっては鑑賞の前に「上映中のマナー」を呼びかけるところもありますが、今年7月に公開された映画『忍たま乱太郎』では本編の前に主演の加藤清志郎が「居眠り禁止」「おしゃべり禁止」などを呼びかけるCMが上映されて話題になりました。
 2位には《座高が高い》が選ばれました。「快適な映画館に必要なことランキング」でも「前の席と十分な高低差がある」が1位に選ばれており、前に座った人の頭でスクリーンが見えなくて悔しい思いをした人も多いようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:24723票 
投票期間:2011/10/12〜10/25 
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません