世の中には時に常識では説明できない現象が起こるもの。そのうちのひとつが幽霊の存在ですが、実際に幽霊を見たことのある人はどのくらいいるの!? 今回の調査では、幽霊を見たことがあるかどうかを聞いてみました。

 1位になったのは《見たことないな》という意見でしたが、2位の《奇怪な現象なら体験した》という意見や《ある、確かに幽霊だった!》という意見もかなりの得票数を獲得しており、「幽霊、もしくは幽霊らしきものを見た…!」という人は意外に多いという結果に。実際にいるかどうかはわからない幽霊ですが、「見たことがある」という人は少なくないようですね。
 「幽霊」は普通ではありえないような非科学的な現象だとされていますが、わからないことを追求したくなるのが人の性。ゆえに「幽霊」にまつわる現象は古くから多くの人の興味をそそる研究対象となってきました。たとえば、イギリスには1882年に創設されて以来130年近い歴史を持つ“Society for Psychical Research(心霊現象研究協会)”という非営利団体があり、心霊現象や超常現象の真相究明のため研究を重ねています。心理学の面から幽霊を解説する人もおり、ひとつの解釈として定着しているのが幽霊は「錯覚」が引き起こすものであるという説明。風にゆれた木の枝や舞い上がったゴミなどが目の錯覚で幽霊に見えることもある、というのは納得感のある話です。「幽霊が存在するのではないか」と恐怖を抱いている人ほど薄暗がりに幽霊を見やすい…とも言われているので、《怖いけど…見たい!》と答えた人がこれから幽霊を見る確率は高いのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:25689票
投票期間:2011/10/10〜10/24
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません