大型連休を間近に控え、マイカーで遠出をする機会が多い季節になってきました。車で遠出した時にどうしても避けられないのが、運転中の“眠気”。今回は、そんな眠気の克服方ランキングをご紹介します。
 「車の運転中に眠くなったら目覚ましのためにすることランキング」の1位は、手軽に実践できる≪ガムを噛む≫。ガムをかむことで、脳の血管が拡張して血液の流れが活性化するという効果があるそうです。4位の《カフェインを摂取》で登場する カフェインは、疲労感の原因となる アデノシンの働きを阻害することで覚せい感をもたらします。カフェイン入りのガムも販売されているので、「普通のガムでは効果がない」という人は、カフェイン入りガムでダブルの効果を狙ってみてはいかがでしょうか?
 2位の≪冷たい空気に当たる≫も有効な方法の1つ。シャキッとした気分になるのは確かですが、ドライブ中につい窓を開けすぎて事故につながらないように。3位には≪飲み物を飲む≫がランクイン。のどや胃を刺激することが、気分転換につながっているのでしょうか。ただし、飲みすぎには気を付けましょう。
 9位の≪おしゃべり≫は退屈を紛らわせるという点では最も効果のある方法ですが、1人で運転しているときはそういきません。そんな時は、ラジオやCDに合わせて≪歌を歌う≫ことをお勧めします。ただし、信号待ち中に隣の車の人に変な目で見られないように注意してくださいね。