母の日というと、子どもの頃はプレゼントにあまりお金をかけられない分、兄弟でお金を出し合って何かを買ったり、知恵をしぼってお母さんを喜ばせる贈り物を考えたりしたものです。子どもの頃に母の日にプレゼントをしたことがあるものを調査したところ、1位には《花》がランク・インしました。 お母さんへのプレゼントは、子どものときも大人になってもやはり《花》が人気のようです。
 1位の《花》は母の日の贈り物の定番です。母の日といえばカーネーションが代表的でしたが、最近ではバラやユリなどカーネーション以外の《花》も贈られることが増えてきたそうです。花屋さんに足を運び、お母さんのイメージにあった《花》を選んでみるのもよいですね。2位から5位までは、子どもの頃ならではのプレゼント。日頃疲れたお母さんのための《肩たたき券》や、母の日はせめて家事を休んでという気持ちで《家事を手伝う》ことは、お金はかかっていないけれど、毎日大忙しのお母さんにはうれしい贈り物です。4位の《似顔絵》、5位の《手紙、カード》は、お母さんが何年たってもそばに置いておきたいプレゼントなのではないでしょうか。
感謝の気持ちをしっかり伝えるなら Photo letter。写真とメッセージで、普段言いそびれているあなたの気持ちをちゃんと届けてくれます。