寒い季節は家のこたつで軽く一杯、という人も多いのでは? そんなときにおつまみとしてそのまま食べられる缶詰は重宝しますよね。そこで今回は、みんなが好きなおつまの缶詰は何か聞いてみました。

 1位は《やきとり》でした。日本酒やビールによく合う《やきとり》を自宅で調理せずに楽しめるのは缶詰ならでは。定番のたれ味はもちろん、ガーリックペッパー味や柚子こしょう味など、色々な味を楽しめるのも嬉しいですよね。《やきとり》の缶詰を使った料理レシピも多く、のりとわさびを加えてお茶漬けにしたり、サラダのアクセントに使ってボリュームを出したりと、お酒の供にぴったりと言えそうです。
 2位には《さば》、続く3位に《さんま》が選ばれました。どちらも脳の機能に重要な役割を果たすといわれているDHAを多く含む食材で、缶詰でも具材や汁から摂取することができるとか。お酒を飲むときのつまみを「肴」といいますが、魚肉を多く酒のつまみにしたことから、「さかな」が魚類を指すようになったそうです。  その日の気分やお酒の種類に合わせて色々チョイスして楽しみたい缶詰ですが、今夜はどの「肴」で一杯やりますか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施 
投票数:22348票 
投票期間:2011/9/4〜10/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません