ドラマなどで「こんな人が彼氏や夫だったら嫌だ…」と思いつつ、なんとも気になって注目してしまう存在なのがダメ男。そんなダメ男役を演じていても、いつもの“素敵さ”がにじみ出てしまう俳優といえば?

 1位に入ったのは、嵐メンバーの中でも演技派との声が高い《二宮和也》。ダメ男を連想させる《二宮和也》といえば、昨年放送され話題を呼んだ『フリーター、家を買う。』の武誠治役。原作者である有川浩がロケ現場を訪れた際に、二宮の現場での姿を見て「『ああ、 こりゃー武誠治だ。だめにんげん武誠治だ』と思いました」と語っているくらい、役の特徴をおさえていたのだそう。昨年の人気を受けて今年の10月には新しい家を手に入れた誠治たち武家のその後を描いたスペシャルドラマも放送され、こちらも話題となりました。武誠治の印象が強く残る《二宮和也》の1位獲得は、納得の結果ですね。昨年から今年にかけて大ブレイク中の《向井理》に続き、3位にランク・インしたのは《竹野内豊》。「もう40代か!と驚いた素敵俳優は?」で堂々の1位に輝いており、いまやアラフォー俳優の代表的存在な彼。クールでかっこいい役の印象が強いですが、今年春に公開された『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』では初めて挑んだコメディーで“テキトー男”を演じており、その印象から「ダメ男でもステキ…!」と感じた人が多いのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:29662票
投票期間:2011/9/25〜10/14
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません