サントリー角ハイボールのCMで小さな店を一人で切り盛りする新米店主役が話題となった菅野美穂。現在はドラマ『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』で激しい嫉妬心からライバルに冷酷な仕打ちをする女医・原田彩を演じており物語も佳境に。これまでも数々のドラマで主演を果たしてきましたが、中でも印象に残ったのはどの作品?

 1位に選ばれたのは《働きマン》でした。2007年に放映された安野モヨコの大人気コミックのドラマ化で、菅野美穂は主人公・松方弘子を演じました。一度仕事モードに入ると恋愛も趣味もオシャレも犠牲にしてしまう“男らしい”ヒロイン。仕事に全力を注ぎながらも「こんなに仕事だけに集中していて良いのだろうか」と悩む姿に共感を覚えた人も多いのではないでしょうか。2位には《ギルティ 悪魔と契約した女》が選ばれました。菅野美穂が演じたのは、復習の鬼と化して人を破滅へと向かわせる野上芽衣子。菅野美穂の“悪女っぷり”は意外にもハマっており、「怖い女の人役…はまると思う女優は?」でも1位に選ばれました。3位には2009年に放送された『キイナ〜不可能犯罪捜査官〜』がランク・イン。類いまれな記憶力で謎だらけの不可解な事件を追う春瀬キイナ役の魅力に引き込まれた人も多いのでは?
 OKIデータのCMでは「私は知っています、あなたががんばっていることを」とプリンターからの働く人々へのメッセージを朗読している菅野美穂。様々な役やCMを通して、菅野美穂に励まされている人も多いのではないでしょうか。

  調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:9637票 
投票期間:2011/9/24〜10/7
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません