中学時代の一番の思い出と言えば、部活動・クラブという人が多いようです。誰もが一様に同じことを学ぶ授業とは違い、自分の好きなこと、やりたいことに思う存分打ち込める部活・クラブは、日常から少し離れた、ワクワクとした時間を与えてくれる魅力的な場所。初めて先輩・後輩という人間関係を学んだのも、やはり部活動・クラブではないでしょうか?
 「あなたが中学生に戻れるなら入ってみたい部活・クラブランキング」の1位は《テニス》。日本では、ほかのメジャースポーツほど大きくメディアなどで取り上げられる機会の無い《テニス》ですが、部活動では花形スポーツの1つ。ほかのスポーツ系部活動とはひと味違う明るくさわやかな雰囲気に、あこがれを抱いていた人も多いはず。
 1位の《テニス》とは差が開いてしまいましたが、2位から4位までは《吹奏楽部》、《パソコン》、《調理・クッキング》と文化系の部活動がランクインしました。一昔前の文化系部活動は、スポーツ系の部活動に比べてやや地味な印象がありましたが、奥の深さや面白さでは、決してスポーツに引けを取るものではありません。最近人気の中年男性向け料理教室では「何でも吸収できる若いうちに親しんでおけばなあ」と語るお父さんも少なくないようです。当時スポーツ系の部活動をやっていた中にも、「本当は文化系の部活動に参加してみたかった」という人がいるのでは?
 ちなみに、今やすっかりメジャースポーツとして定着した感のあるサッカーは、思いのほか人気が伸びず、8位に終わりました。これは実際にプレイするよりも観戦する方が楽しい、と思われているのでしょうか?