この秋からスタートしたアニメ『僕は友達が少ない』は、友達作りを目指す“隣人部”を作る主人公・小鷹と夜空の青春ラブコメ。せっかく出会えた友達なのに行き違いやケンカで絶交してしまった。そんな悲しい経験をしたことはありませんか? 楽しかった思い出も一瞬にして消えてしまう「絶交」。その原因はどんなことなのでしょうか。

 1位は《ささいな口げんか》でした。子供の頃だったらすぐに謝って仲直りできることも、大人になるにつれて「ごめんね」の一言が言えなかったり小さなことがしこりになってしまったりするものですよね。しかし、ケンカを乗り越えることでより絆が深くなるということも実際にはあるのでは。仲直りのポイントとしては「相手を尊重する気持ちを取り戻すまで、冷静になって自分を見つめ直す」「聞き役を第三者に求める」ことなどが有効だとか。「あんなささいなことだったのか」と後で笑い話にできたらいいですよね。
 2位には《陰口を言われた》がランク・インしました。「『性格悪い!』と思ってしまう友達の特徴ランキング」でも、「その場にいない友達の悪口を言う」が1位に選ばれており、悪口の対象が自分だとわかると絶交につながってしまうのは納得の結果ではないでしょうか。3位は《恋の三角関係》でした。恋愛でのトラブルで絶交してしまったという人も意外に多いようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施 
投票数:10966票 
投票期間:2011/9/8〜9/21
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません