女性に人気の職業として常に上位にあがる客室乗務員——キャビンアテンダント。職業の多様化によって一時のような人気はないとも言われていますが、専門の養成コースを開設する大学があるなど、まだまだその人気に衰えは感じられません。
 「キャビンアテンダントの制服姿が似合う女性有名人ランキング」の1位になったのは、2000年に放送されたテレビドラマ 『やまとなでしこ』でキャビンアテンダントの神野桜子役を演じた《松嶋奈々子》。劇中のさっそうとしたキャビンアテンダント姿は非常に印象的でした。2位の《相武紗季》と3位の《上戸彩》は、共にテレビドラマ 『アテンションプリーズ』でキャビンアテンダント役を演じていました。『やまとなでしこ』は航空会社の協力が得られなかったため、空港や機内のシーンはほとんどありませんでしたが、こちらは航空会社の全面協力を得ており、本物のキャビンアテンダントがエキストラとして多数出演していました。
 6位に入ったのは、キャビンアテンダントを主役に据えたドラマの代表とも言える 『スチュワーデス物語』(1983年放送)の《堀ちえみ》。劇中の “ドジでのろまなカメ”や “教官!”といったセリフが流行語になるなど、番組の人気は社会現象にも例えられるほどでした。このドラマを見てキャビンアテンダントを目指したという現役のキャビンアテンダントも少なくないそうです。
 華やかな印象とは裏腹に、細かい気配りやトラブルへの対処、荷物運搬をはじめとする肉体労働など、キャビンアテンダントにはさまざまな苦労があるようです。もし搭乗する機会があれば、彼女たちに「お疲れさま」と声を掛けてみてはいかがでしょうか?