最近テレビを見ているとブラックマヨネーズの小杉やフットボールアワーの後藤などコンビの“ツッコミ”が注目されている事にお気づきでしょうか? 大人数のボケ相手でも的確にツッコミを入れて番組を盛り上げ、更には番組の進行も任せられる頼りになるツッコミ役はどんな番組でも一人は欲しい存在。番組の司会などで活躍の場を広げるツッコミ勢ですが、中にはコンビの“ボケ”担当でもツッコミ役として活躍している人も。そこで今回は、ボケだけどツッコミが上手いと思うお笑いタレントを聞いてみました。

 1位には雨上がり決死隊の《宮迫博之》がランク・イン。彼が出演している『アメトーーク!』や『リンカーン』などではボケよりもツッコミ役に回ることが多く、最近ではボケよりもツッコミとして認識している人も多いのではないでしょうか。『アメトーーク!』での勢いある後輩タレント達から飛び出すボケに対してはボケた後輩がより面白くなるようなイジリツッコミを得意としており、ツッコミとしての腕前は高く評価されています。
 続く2位には高い話術が人気の千原兄弟《千原ジュニア》がランク・イン。テレビ番組内で起こった面白いハプニングに対して瞬時にひねりの利いたツッコミを入れるのが彼の持ち味。声の大きさや勢いに任せたツッコミではなく、言葉のチョイスと言い回しが絶妙なツッコミが人気のようですね。
 3位にランク・インしたのはロンドンブーツ1号2号の《田村淳》。ロンブーの淳といえば『ロンドンハーツ』で人気のドッキリ企画の際にVTRを見ながらターゲットに対してツッコミを入れる姿を思い浮かべる人も多いのでは? 番組の進行を担当する際には彼がツッコミを入れたことでボケが広がる事も多く、番組全体を盛り上げるキーパーソンとして活躍しています。

 今回上位の3人を見てみると共通しているのが“相方がボケ気質”という点。「自由人」と言われる蛍ちゃんや、「ガサツでデリカシーがない」と言われる千原せいじ、生粋の天然ボケである田村亮をそれぞれ相方に持つ3人はツッコミが上達するのも納得かもしれませんね。