人生の一大イベントと言われる結婚。愛する人との新しい生活に、夢は広がるばかりですよね。でもこれから長い時間を共にすることを考えると、お互いが気持ちよく生活できるよう、事前に二人で話し合いをしておいた方が良いこともあるのではないでしょうか。

 その最たるものが、《家計の管理方法》です。一人暮らしをしているとついつい無駄な買い物をしてしまいがちですが、結婚をすれば家の購入や子どもの教育費など、蓄えは幾らあっても十分ということはありません。共働きでお金に困っていないとしても、家計に関しては財布の管理がしっかりできる方が預かっておくのが一番ですね。
 《両親との同居有無》というのも、結婚前にしっかりと話し合っておきたい問題ですね。二人だけの生活を楽しむ時期というのは必要ですが、ほかの兄弟が同居しているのでなければ、いずれはこの問題とも向い合う必要が出てきます。どちらか片方の親と住むことになれば、多少なりとも摩擦は生じるものですし、両親が年老いて介護が必要になった時はどうするかというのも非常に重い問題です。

 このほかにも《仕事のこと(転勤の有無や転職の予定など)》や《子どものこと》など、結婚をする上で避けては通れない問題というのは数えきれないほどあるものです。後になって「この人と結婚しなければ良かった」なんて悲しい言葉が口を衝いて出ることがないように、今から納得できるまで話し合っておきたいものですね。