日経ウーマンの出産に関するアンケートによると既婚女性の半数の人が「今すぐ子どもがほしい」と回答している一方で、全体の約3割の人が「今はいらないが近い将来ほしい」と回答しており、結婚したらなるべく早く出産を! とは考えていない人も少なくないよう。そこで今回は「今はまだ子どもは作らない」という人たちの、結婚しても子どもを作らない理由を聞いてみました。

 一番多かったのは《夫婦二人だけの時間を楽しみたい》という意見でした。子どもができると夫婦二人だけの時間はほとんど取れなくなると言われているので、新婚の夫婦やお互いの仕事が忙しくなかなか会えない夫婦はもう少し二人だけの時間を楽しみたいと思っていることが多いようです。
 続く2位には“不況”と言われる現代を象徴するような《経済的に余裕がない》という理由がランク・イン。非正規雇用の拡大などでサラリーマンの平均年収は平成10年からほぼ毎年減少しており、平成9年と比べると平均金額が50万円ほど下がっているのが現状。終身雇用制も崩壊しつつある現代の日本において“子どもを産み・育てる”という事が経済的に厳しいと感じている夫婦も多いようですね。他にも5位に《こんな殺伐とした時代に子どもを産む勇気がない》、10位に《将来わが子に重い年金負担が課せられると思うと躊躇する》が入るなど、現在の日本社会で子育てをする事に不安を感じている人は少なくないようです。