普段は見せる事がない相手の意外な一面を見た時に抱く好ましい感情を「ギャップ萌え」と表現する事があります。このギャップ萌えは、男性が派手なファッションに身を包んだ若い女性——いわゆるギャルに対して抱くケースが多く見受けられますが、はたして男性はギャルの見せるどんなギャップに萌えを感じているのでしょうか。

 「こんなギャップを目の当たりにしたらほれてしまう!」と多くの男性が感じているのは、《実は気配りができる》でした。世間には、ギャルに対して「わがままで自分の事が最優先」、「周囲の事を考えずに行動する」というあまり良くないイメージを持っている人も少なくないだけに、こんなギャップを見せられたら恋に落ちてしまいそうですよね。
 続いて多かったのは、《実は料理が上手い》。料理の上手さは男性が女性に対して好ましい印象を抱く要素の定番ですが、一見料理とは無縁に見えるギャルが実は料理上手ともなれば、その効果は絶大。さっきまで全く意識していなかった相手なのに、好印象をすっ飛ばして恋愛感情へと一気に進む可能性もあります。

 このほかにも、《実は頭がいい》や《実は将来をまじめに考えている》などのさまざまなギャップがランク・インしていますが、こうしたギャップ一つでコロリと気持ちが変わってしまう男性とは、何と簡単な生き物なのかと思わずにはいられませんよね。