年に一度のコントの祭典“キングオブコント”。コント師ナンバーワンの称号と賞金1000万円をかけた戦いはお笑い好きはもちろん多くの人が注目しているのでは? そこで今回は2008年の第一回大会から昨年の第三回大会までに決勝進出を果たしたことのある出場者の中でみなさんが一番面白いと思うグループを聞いてみました。

 歴代の決勝進出者の中で一番多くの人から面白いと支持されているのは1998年コンビ結成の《サンドウィッチマン》でした。2009年のキングオブコントでは決勝戦の1stステージを一位で通過するも2ndステージで《東京03》に敗れ二位という結果に。惜しくも1位は逃しましたが、日常的なシチュエーションの中で繰り広げられる冨澤の言葉遊び的ボケと伊達の絶妙なツッコミは多くの人の心をとらえているようですね。
 2位には《バナナマン》がランク・イン。高い演技力で魅せる彼らのコントはボケとツッコミの境があまりなく、変り者の設楽日村が翻弄される姿は「本当にこんな人たちいそう!」と思わせるほど。毎年行われている単独ライブはチケットが即完売するほどの人気で、彼らのコントが好きというファンは多いよう。第一回のキングオブコントは優勝こそ逃しているものの1stステージで歴代の最高得点率を叩き出しており、彼らの実力が証明された大会でもありました。
 3位には今年大ブレイクの《ピース》がランク・イン。トークバラエティ番組の出演から人気が出たため2010年のキングオブコントで初めて《ピース》のコントを見たという人も多かったのでは? 普段のトークも面白いですが二人にしかできない個性の強いコントは、一度見たらやみつきになる面白さが魅力です。

 ランキングを見てみると1位から3位は第一回から第三回大会までの2位がランク・インするという結果に。先日行われた2011年のキングオブコントでは《ロバート》が優勝して話題になりましたが、あなたの中の“キングオブコント”はどのグループですか?