いつもお茶の間に楽しい時間を提供してくれるお笑いタレント。彼らの本業はもちろんコントやトークによって人を楽しませる事ですが、近年では歌によって私たちを楽しませてくれる事も多くなりましたよね。

 そんなお笑いタレントの歌の中でも最も人気が高かったのは、とんねるずが18枚目のシングルとして1992年にリリースした《ガラガラヘビがやってくる》でした。テンポの良いメロディーとユニークな歌詞で子どもたちを中心に人気を集め、彼らの楽曲としては初めてチャートの1位を獲得。同時に初のミリオンセールスも達成するなど、記念すべき曲となりました。
 続いて人気が高かった歌は、《白い雲のように》。人気番組『進め!電波少年』で有名になった猿岩石の主演映画『一生、遊んで暮らしたい』の主題歌として1996年にリリースされた曲で、彼らのデビューシングルでもあります。リリース当時はあまり話題にならなかったそうですが、一躍人気者となった彼らの知名度向上に合わせてじわじわと売り上げを伸ばし、ロングセラーを記録しました。
 3位の《WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント》から5位の《「エキセントリック少年ボウイ」のテーマ》までは、人気お笑いコンビ・ダウンタウン浜田雅功がボーカルを努めた楽曲が占めました。お笑いの世界におけるダウンタウン人気はもはや説明の必要も無いほどですが、当時は音楽の世界においても絶大な人気を集めていたというのはすごい事ですよね。