毎日使うものだからこそこだわりたい生活消耗品。同じものでもメーカーによって使い心地が違うものですよね。自分の好みに合わせて、「絶対このメーカーがいい!」とこだわりをもって使っている生活消耗品は何か聞いてみました。

 1位は《柔軟剤》でした。衣類やタオルを心地よくふわふわにしてくれる《柔軟剤》ですが、最近では香りのある柔軟剤が多く発売されています。「《柔軟剤》は香りで選ぶ」という人も多いのではないでしょうか。大手メーカーP&Gでは、服に摩擦を起こすことで柔軟剤の香りをよみがえらせる「レノアハピネス」や、ファブリーズとの共同開発によって生み出された防臭効果のある「レノアプラス」など、香りに重点を置いた商品を販売しています。香水はちょっと…という人も、服からほのかに香る柔軟剤の香りなら抵抗がないという人が多いのかも。直接肌に触れるふわふわ感と個人の好みが直接影響する「香り」にこだわりを持つ人が多いのは納得です。
 2位に選ばれたのは《歯磨き粉》。ひとくちに《歯磨き粉》といっても、虫歯予防から知覚過敏、口臭予防までその効能はメーカーによっても様々。直接口の中に入れて使うものだからこそ、香りや味など普段と違うものを使うとしっくりこないからイヤ…という人も多そうです。最近では電動歯ブラシを使っている人も多いようですが、電動歯ブラシで研磨剤入りの歯磨き粉を使うと葉の表面のエナメル質を削りすぎてしまうこともあるとか。目的や好みに合わせてこだわりを持って選ぶ人はやはり多いようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施 
投票数:13011票 
投票期間:2011/8/26〜9/8 
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません