学生時代、先生の声だけが響く授業中の教室で、これが起こってしまったばかりに恥ずかしい思いをした…。今回は、今でも忘れられないそんな思い出をみなさんに聞いてみました。

 教室でしてしまって恥ずかしかったことの1位は《お腹が鳴る》でした。休み時間であれば目立たないはずのお腹の音も、授業中には思いの外響いてしまうもの。そもそも空腹時の「グ〜」という音の正体は、脳が空腹を感知して伸縮が活発になった胃や腸の中を移動する空気。強制的にお腹が鳴る音を止めたい場合は胃の伸縮活動を押さえればよいので腹式呼吸の要領で胃の中に空気を送り込めば止められるそうですが、慣れた人でなければ成功率も低そう。朝ごはんをしっかり食べるなどして過度の空腹に陥らないようにするのが得策のようです。
 《お腹が鳴る》よりも恥ずかしさの点で順位が低かったのは意外…!? 2位には《おならをする》がランク・イン。お腹の音とおならの最大の違いは、おならには時に強烈な臭いがついてくるという点。つい出てしまったおならが音のない「すかしっ屁」で一安心したのもつかの間、あたりに漂った臭いに冷や汗をかいた…なんて人もいるかもしれません。おならも生理的な現象なので我慢しすぎはよくないですが、そうは言ってもあの臭いをなんとかしたい、という人にオススメなのは消臭下着。セーレン社が発売している消臭ボクサーブリーフ「DEOEST」は、高性能消臭素材「イノドールクイック」を使用した消臭下着。30秒で80%の消臭効果があるそうなので、突発的なおならのにおいも消してくれるかも!? 学生時代に教室でおならをしてしまい恥ずかしい経験をした記憶のある人は、社会に出てから同じ恥ずかしさを味わわないために、商品情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:15529票
投票期間:2011/8/24〜9/5
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません