明日は3月3日のひな祭り。 「桃の節句」 「上巳(じょうし)の節句」とも呼ばれるこの日は、特に江戸時代に入ってからは女の子の幸福や健やかな成長を願う日とされてきました。子どもの集まるひな祭りパーティーで作りたいのは、《ちらし寿司》《イチゴのケーキ》《桜餅》など、春を彩り、子どもも喜ぶメニューの数々でした。
 1位の《ちらし寿司》は、お祝いの席では定番のレシピ。桜でんぶ、ボイルしたエビ、錦糸卵をかわいくトッピングして春らしさを演出すれば、子どもも大喜びのお寿司になります。2位には《イチゴのケーキ》が入りました。旬のイチゴをたくさん使ったケーキは、子どもだけでなく大人も大好き。ホットケーキミックスを使って簡単手作りイチゴケーキを作ってみてもいいですね。3位には《桜餅》が入りました。皮に小麦粉を使う 「長命寺の桜餅」は主に関東で、もち米を使った 「道明寺の桜餅」は主に関西で食べられています。見た目も食感も全然違うので、今年はいつも自分が食べているものとは違う桜餅にトライしてみては? ひな祭りに縁起物としてよく並ぶ物に、ハマグリやひし餅、白酒などがありますが、地域によっても様々。京都の方では魚の「かれい」が親しまれているそうです。
 gooグルメ&料理レシピ検索でも子ども向けのメニューは多数紹介されています。このランキングを参考に、ひな祭りをお祝いしてみてはいかがでしょう?