「日本人は並ぶのが好き」という言葉をよく耳にしますが、人気のお店やイベントであれば、ヨーロッパであろうとアジアであろうと長蛇の列ができるもの。「魅力的なものはいくら待ってでも楽しみたい」というのは、どこの国でも変わりはないようです。
 「長時間行列を並んでも我慢できることランキング」で1位に入ったのは、《遊園地のアトラクション》でした。行列のできるアトラクションと言えば、 東京ディズニーランドがおなじみ。ディズニーランドでは、30分はもちろん、1時間待ちというアトラクションも多く、一部のアトラクションでは行列問題の解決策として ファストパスが採用されています。専用のファストパスでアトラクションの利用時間帯を予約しておくことで、空き時間を有効に活用できます。こうしたシステムは有効に活用したいですね。
 2位に入ったのは《人気ラーメン店》。 男性のランキングで1位、 女性のランキングでも2位と、共に高い支持を獲得しました。食べ物関係では唯一のランクインですが、ラーメン以外にも各種スイーツや格安ランチ、バイキングなど、行列の定番と言えばやはり食べ物関係が真っ先に思い浮かびます。料理を待つ時間は、より一層おいしく食べるためのスパイスに例えられることがあり、「おいしい料理を待っている時間はつらくない」という人も少なくはありません。8位の《銀行・ATM》や9位の《お手洗い》のように「必要に迫られて待つ」のとは、根本的に我慢の質が違うということなのでしょうね。
 ちなみに、最近では家庭用ゲーム機 「PLAYSTATION 3」や 「Wii(ウィー)」、パソコン向けの新OS 「Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)」の発売日にも、前夜から多くの人が並んで話題を集めました。読者の中にも、当日並んだという方がいるのではないでしょうか?