日本人はトップ3を決めるのが好きなのか、実はたくさんある『日本三大○○』。世の中のベスト3を紹介するテレビ番組 『ザ・ベストハウス123』も人気です。有名なものから誰が決めたかわからないものまで、バリエーションは様々。それでも何はともあれ『三大○○』と言われたからには制覇してみたい! なんて思う人もいるかもしれません。3つとも見てみたい『日本三大○○』ベストスリーには、旅行パンフレットでも良く目にする言葉《日本三景》《日本三名山》《日本三大夜景》が選ばれました。
 1位の《日本三景》にあたるのは、いずれも海岸線が美しい名勝として有名な松島(宮城)、天橋立(京都)、宮島(広島)。儒学者・ 林鵞峰が著書 『日本国事跡考』に、「丹後天橋立、陸奥松島、安芸厳島、三処を奇観と為す」と書いたのが始まりと言われています。2位には富士山、立山、白山の《日本三名山》がランク・イン。 日本三霊山とも呼ばれ、信仰の山としても崇められています。富士山の山頂には浅間神社、立山の山頂には雄山神社、白山の山頂には白山比神社があります。頂上まで登れば自然の大きなパワーを感じ取り元気になれるかもしれません。3位には《日本三大夜景》がランク・イン。函館は函館山、神戸は六甲山、長崎は稲佐山からの眺めが絶景で、100万ドルとも1,000万ドルとも言われるロマンチックな夜景はぜひカップルで眺めてみたいもの。ちなみに函館は 『世界三大夜景』のひとつに選ばれることも多く、函館以外の二つは「ナポリ」「香港」とされています。
 《日本三名園》や《日本三大巨桜》など、これからの季節にぜひ行ってみたい三大○○もランキングに入っています。まだ行ったことのない三大○○があれば、このゴールデンウィークに、ひとつずつ制覇していくのも面白いですね。