受験シーズンも後わずか。勉強漬けの日々から脱出を果たし、ようやく一息ついた人も多いのではないでしょうか? 今回のテーマ「大学受験が終わってまずやったことランキング」の第1位は《好きなだけ寝る》でした。寝る間も惜しんでひたすら勉強にいそしんだ——夢の中にまで英単語や数式が出てきた日々が終わり、「しばらくは何もしたくない!」という時には、十分な睡眠で心と体をしっかりと休ませるのが何より。果報は寝て待てですね。
 2位以下は、《友達と会う》や《趣味に没頭する》など、勉強のために犠牲にしていた時間を取り戻そうとする人と、《アルバイト》や《運転免許の取得》のように、空いた時間を有効活用しようとする人とに分かれました。受験が終わった後にできることといえば、ひたすら合否を“待つ”ことだけ。1位の《好きなだけ寝る》と対照的な考え方ではありますが、「何かしなければもったいない」と考えてしまうのも理解できますよね。
 意外なところでは、20位の《受験以外の勉強》が挙げられます。 英検漢字検定など、現在人気の資格を取得するためなのか、将来を見越して ダブルスクールに通う準備をするのか、意図するところは分かりませんが、その勉強熱心さには頭が下がるばかりです。