“結婚=安定、落ち着き”というイメージを抱く人は多いと思いますが「結婚して何年経っても新婚気分でいたい!」という理想を持ったカップルも少なくないはず。そこで今回は新婚気分を持続させるための秘訣を聞いてみました。

 上位には1位《相手のしてくれたことに感謝を言葉であらわす》、2位《相手の話をきちんと聞く》、3位《相手のことを褒める》が入っており、“いつも気にかけている”という姿勢を相手に示すことが新婚気分を持続させる秘訣と考える人が多いよう。以前gooランキングで行った「夫婦仲を保つコツランキング」でも“感謝を伝える”という回答が一番多く、「ありがとう」と口に出して言うことは夫婦生活において最も大事なことなのかもしれません。4位には《2人きりでデートをする時間をつくる》という意見がランク・イン。子どもができると2人きりでデートをする機会が少なくなると言われていますが、たまには夫婦2人だけで出かけるのが新婚気分を長続きさせるコツのよう。恋人時代の思い出の地に足を運べば、新婚当時の甘い思い出が蘇ってきて新婚気分を持続させるには効果的かもしれませんね。

 芸能界のおしどり夫婦として有名な鈴木おさむ大島美幸のカップルは結婚10年を迎えても新婚のように仲が良いことで知られていますが、彼らの夫婦円満の秘訣は「よく笑い、本音を話すこと」なのだとか。やはりパートナーとの会話は新婚気分を持続させるのに重要なようですね。