干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻る事を意味する「還暦」。人間の年齢で言えば、今年満60歳になる人がこの還暦を迎える事になります。60歳といえば、一昔前は一線を退いたリタイヤ世代という印象がありましたが、最近は若者以上に元気に活動する60代も増えており、そのような印象はすっかりと薄れてしまった感があります。

 芸能界においても今年還暦を迎えた有名人が数多くいますが、中でも「この人が還暦?」とその若々しさに驚く人が多かったのが、日本を代表する演技派女優の《桃井かおり》。若い女性からも高く評価されているファッションセンスの良さや化粧品メーカー・マックスファクターのイメージキャラクターを長年務めるほどの若々しさ、チャレンジ精神をもって新しい事に挑戦しようとするその姿は、確かに今年60歳とは思えませんよね。
 2位に続いたのは、雑誌や保険会社などが行う「理想の夫」を選ぶアンケートで常連となっている俳優の《中村雅俊》でした。1970年代に青春ドラマのスターとして人気を博していた事は40代の人なら誰しも知っている事と思いますが、年を重ねた現在もその若々しさに衰えは見えません。妻の女優・五十嵐淳子も今年59歳とは思えない美貌を維持しており、今なお理想の夫婦として幅広い層から支持されているのも頷けますよね。

 昨年の「今年還暦には見えないランキング」で見事1位に輝いた舘ひろしとドラマ『あぶない刑事』でコンビを組んでいた《柴田恭兵》は3位にランク・イン。惜しくもタカ&ユージによる連続制覇とはなりませんでしたが、まだまだ『あぶない刑事』の新作で派手なアクションをこなせそうな若さには驚くばかりですね。