面白いコンセプトが話題となり、行けば友達との話のネタにもなりそうな「コンセプト居酒屋」。自分の好きなものに関するテーマであればもちろん、そうでなくても一風変わったコンセプト居酒屋を知っておけば、友達との飲み会や合コンをする際に役に立つかも!? そこで今回はそんなコンセプト居酒屋の中で、東京都内の行ってみたいと思う居酒屋について聞いてみました。

 最も人気を集めたのは《駄菓子バー》。2003年にオープンした「えびす駄菓子バー」をはじめ、今では池袋、三軒茶屋、人形町、水天宮にも店舗があり知っているという人もいるのでは? 500円のチャージで駄菓子が食べ放題になり、あとは好きな飲み物や食べ物を頼めるそうで、昭和の香り漂うレトロな店内が懐かしさを誘います。子どもの頃に「駄菓子屋であれもこれも買いたい!」と思ったささやかな夢を実現すべく駄菓子を食べ放題にしたそうですが、駄菓子がコンセプトの居酒屋なら気軽に誰でも誘いやすのも人気の理由の一つかもしれません。続く2位にランク・インしたのは新宿にある《FANTASY DINING 絵本の国のアリス》。料理はカジュアルフレンチ&イタリアンと見た目の可愛らしいメニューがいっぱいですが、なんといっても女心をくすぐる「不思議の国のアリス」がテーマのインテリアが魅力。個室もあるので女子会にもピッタリといえそうです。  一方、男性にもウケそうなのが《戦国武勇伝》や《NINJA AKASAKA》などのコンセプト居酒屋。《戦国武勇伝》はその名の通り動乱の戦国時代がテーマの個室居酒屋で、メニューは和食。戦国武将好きな上司を誘ってみる…なんてこともできるかも!? 《NINJA AKASAKA》は外国人にも人気があるそうで、接待に利用するという人もいるのだとか。子ども向けにマジックなどを教える忍術教室や忍者姿で記念撮影ができるイベントなども開催しており、子どもの誕生日など特別なイベントに利用してみるのもアリかもしれません。

 飲み会に行くならいつもの居酒屋で…と決まった飲み屋に行くことが多くなりがちですが、ランキングを参考にしつつ、たまには変わった居酒屋にチャレンジしてみてはいかがですか?