自分が相手の事を好きだからといって、相手も自分の事を好きになってくれるわけではないのが恋愛の難しいところです。あらん限りの勇気を振り絞ってアプローチをしてみても、色よい反応が返ってくる事などそうそうないのが現実。「あぁ、もう無理なんだな」と諦める事になる瞬間はいつか訪れるものです……。

 そんな悲しい現実に気付くきっかけとして最も多かったのは、《お誘いメールをスルーされる》でした。時間をかけて考え抜いた文面を震える指で送信したのに、いつまで経っても返信が来ないのは、やはり精神的にキツいもの。送ってしばらくは「忙しくて返信できないのかな」と希望的な事を考えられても、数日経っても一向に返事が来なかったり、次に会ったとき何事も無かったかのように振る舞われたりすると、さすがに悲しくなってしまいます。追い打ちをかけるように《アドレスを変えられる》なんて事になれば、二度と立ち直れないほどの精神的ダメージを受けてしまいそうですよね。

 メールや電話を駆使して何とか会う事ができたとしても、《2人っきりで会ってくれなくなる》、《会話がはずまなくなる》といった状態では、その後の明るい展開は予想できるはずもありません。さすがにここまで来ればスッパリと諦めて、新しい恋に望みをかけるのが賢明なのではないでしょうか……。