ある日、突然の来客。「ちょっと待ってね」と玄関先で言い残し、必死で部屋を片付けた…。そんな経験をしたことがあるという人も実は多いのでは?
 誰も来ないという前提で過ごしている家の中を他人に見られたら恥ずかしい。そんな秘密にしておきたい我が家の日常風景は誰にでもありそうですが、中でもみんなが最も恥ずかしいと思うのはどんなことなのでしょうか。

 1位は《布団が出しっぱなしになっている》。人が来るなら片付けるけど、いつもは布団をしまわずに出しっぱなしにしている家が多い…というのが実情のよう。「毎日布団の上げ下ろしをするのは面倒」という人が多いと思いますが、万年床にカビが生えた…というのもよくある話。知らない間に繁殖している布団のカビはアレルギー症状をはじめ寝つきの悪さ熟睡感のなさなどの原因になることもあるのだとか。人に見せられない…というのはもちろん、健康のためにも布団はマメに干してしまうのを心がけた方がよいかもしれませんね。僅差で2位になったのは《家族が下着でウロウロしている》。自分の家では見慣れた風景といえども、他人には《家族が下着でウロウロしている》姿を何としても見られたくない。そう考える人はやはり多いという結果に。来客があるから…と部屋をキレイにしたのに、下着姿の家族がウロウロしているところを友達などに見られたら元も子もありませんよね。

 3位以降も《玄関に家族の人数以上の靴が出しっぱなし》、《押入れが開けっ放しになっている》、《ゴミ箱がいっぱいになっている》など、部屋のあちこちにモノが出しっぱなしになっていて片付かない家が多いことが明らかになってしまった今回のランキング。「断捨離」という言葉が流行した背景にはモノであふれてしまった「我が家の日常」があるのかもしれません。