長い人生で最も大きなイベントの一つである結婚。「お互いを愛し理解しあった上で一緒になるのだから、自分たちの結婚生活は順風満帆なものになる」——誰しもがはじめはそう思うものですよね。でも、全く異なる人生を歩んできた二人の共同生活、そう簡単にはいかないようです……。

 愛し合う二人が結婚後にもめる理由として最も多いのは、やはり《義理の両親、親族との付き合い》。結婚するという事は、相手方の家族や親族とも関わりを持つようになるという事でもありますが、結婚相手のように相性を確認しあったわけでもない人たちといきなり身内付き合いをするのは難しいものですよね。何かあった時には当然、結婚相手もその家族や親族も血縁である人間の肩を持つのは仕方が無いことですが、自分たち以外の第三者が要因となって関係に波風が立つのは、やはり辛いものがありますよね。
 続いて多かったのは、《生活習慣の違い》でした。《味覚の違い》や《生活リズムの違い》も同様ですが、恋人として付き合っている間はお互い自分の良い所をアピールし、悪い所は見せたくないもの。いざ結婚して一緒に暮らし始めると、「えっ、そうだったの?」と相手の意外な一面を見て驚く事は少なくありません。

 こうした問題の多くは結婚前を決める前に生活を共にしておけば解決する可能性が高いと思われますが、昔に比べれば随分と同棲に対する社会的な認知も高まっています。結婚生活には時にぶつかり合いも必要ですが、できる限り不要なもめ事は減らしたいと考えている人は、結婚前に試してみてはいかがでしょうか。