どこの家庭にも必ず置かれている調味料といえば、まず「さしすせそ(砂糖・塩・酢・醤油・味噌)」が浮かぶ人は多いと思いますが、実際にはこのほかにも忘れてはならない調味料はいくつもありますよね。そんな調味料の一つが「ウスターソース」です。

   19世紀初頭に英国ウスター市の主婦が偶然作り方を発見したという説が有力視されているウスターソース。日本でも江戸時代末期にはすでに伝わっており、独自の進化を経て徐々に家庭の味として人々に愛されるようになりました。そんなウスターソースと最も相性の良い食べ物として人気が高かったのが、《コロッケ》です。実は日本でウスターソースが普及するきっかけの一つと言われているのが、大正時代に庶民のおかずとして人気を集めた《コロッケ》や《とんかつ》で(カゴメ「ソースのお話」より)、古くからその相性には定評があったようです。

   揚げ物勢や《やきそば》が強さを見せる中、健闘したのが7位の《キャベツの千切り》です。《コロッケ》や《とんかつ》など揚げ物料理には欠かせない脇役となっているのは皆さんもご存じの通りですが、おかわり自由のお店では主役が舞台を去った後もアンコールがかかるほどの人気者。ウスターソース以外にもマヨネーズやドレッシングなどと相性もよく、「どんな調味料とも合う食べ物ランキング」があれば、主役に躍り出てくるかもしれませんね。