もともとはオタク用語から一般に浸透したとされ、今では一般的になった「ツンデレ」という言葉。普段はつんつんと無愛想な女性が、特定の男性と二人きりになるとデレっと甘えてくるという女性の性格や行動の傾向とされるのが一般的ですが、そんな「ツンデレ」な役が似合う俳優といえば?

 圧倒的な投票数を集め1位となったのは嵐の《松本潤》。ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』の制作発表記者会見で「僕はツンデレな部分もあるでしょうが…」と語ったこともある《松本潤》ですが、『花より男子』の道明寺司や『夏の恋は虹色に輝く』の楠大雅など、「ツンデレ男子」の代表ともいえる役柄を演じてきただけに納得の1位と言えそう。普段はクールで無愛想な《松本潤》が、自分の前で甘えてきたら……と想像するだけキュンとしてしまう女子も多そうですね。
 続く2位には《向井理》がランク・イン。NHK連続ドラマ『ゲゲゲの女房』で《向井理》ファンになってしまた…という人も多いと思いますが、《向井理》が演じた水木しげる役は不器用ながらも妻である布美枝への愛情を見せるというある意味「ツンデレ」な役。現在放送中の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』でも「ツンデレ」な一面を見せる江の3番目の夫・徳川秀忠役を演じており、「ツンデレ役ならやっぱり《向井理》は外せない!」と思う人も多いのかも。主演映画となる『僕たちは世界を変えることができない。』の公開や9月21日に放送予定のスペシャルドラマ『アイシテル〜絆〜』への出演も決まっており、《向井理》の人気はまだまだ続きそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:36964票
投票期間:2011/7/10〜7/29
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません