平成初期にアマチュアバンドの競演で爆発的な人気を呼んだ『平成名物TV』の1コーナー“イカ天”こと『三宅裕司のいかすバンド天国』。若手バンドの登竜門として多くのバンドを輩出し様々な社会現象を巻き起こした伝説のコーナーとして有名です。そこで今回はみなさんの記憶に残るイカ天出身バンドを聞いてみました。

 1位には特徴ある風貌と独創的な音楽性で人気を博した《たま》がランク・イン。14代目イカ天キングとなってから5週連続で勝ち抜いた結果、歴代三代目のグランドイカ天キングの称号を獲得。1990年のメジャーデビュー曲『さよなら人類』は当時のオリコンシングルチャートで初登場1位を記録し累計売上60万枚のヒット曲となりました。イカ天での《たま》といえばグランドイカ天キングを賭けて行われた《マルコシアス・バンプ》との名対決が記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。2位には石垣島出身の幼なじみ3人で結成された《BEGIN》がランク・イン。ブルースと沖縄音楽を融合させたメロディーと切ない歌詞が多くの人の心をつかみ、歴代二代目のグランドイカ天キングになり1990年に『恋しくて』でメジャーデビューを果たしました。3位には六代目イカ天キングの《JITTERIN'JINN》がランク・イン。「あなたが私にくれたもの〜」という歌詞が印象的な『プレゼント』や2000年にWhiteberryがカヴァーしたことでも有名な『夏祭り』などポップな曲調が人気となりヒットを記録しました。
 あなたが好きなイカ天出身バンドは何位にランク・インしていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7138票
投票期間:2011/7/15〜7/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません