せっかく飲み会で盛り上がっていたのに、急に場の空気が冷めるような話題や答えづらい話題を振ってこられた…そういう経験をしたことのある人は少なくないのでは? 今回は飲み会でされると嫌な話題を調べました。

 1位は《説教》。楽しいお酒の席で説教をされるとせっかくの飲み会が台無しですよね。オリコンの未婚社会人女性への飲み会での「上司にされて嫌なのは…タッチと説教どっち?」という調査で、20代女性では《説教》の方が嫌と答えた人が53.2%という結果が出ました。わずかな差ですがタッチよりも《説教》が嫌がられているのは少し驚きつつも、納得の結果といえるのでは。どんな理由があろうとも、お酒の席での《説教》は我慢してほしいというのが多くの人の本音なのかも。
 2位は《人の悪口》。All Aboutによると、《人の悪口》や愚痴で場が盛り上がるのはこれらが「その場のみんなが共感でき、連帯感を感じやすい数少ない話のネタ」だからだそう。しかしネガティブな言葉は場の雰囲気を悪くするだけでなく、その言葉を発した人の印象も悪くしてしまいますよね。飲み会での《人の悪口》は盛り上がりやすい話題ですが、我慢した方がより楽しい飲み会になるはず。
 みなさんが飲み会で経験した嫌な話題はありましたか? ランキング内に入った話題は飲み会ではなるべく避けるように気をつけたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:23746票
投票期間:2011/7/7~7/20
※この結果は科学的なにもとづくものではありません