足りない栄養を手軽に補給できるジュースは忙しい人にぴったりのドリンクですよね。みなさんはどんな成分が入っているジュースを飲んでいますか? 今回はジュースに入っていると嬉しい成分を調べてみました。

 1位は《ビタミンC》。美肌・美容だけでなく、風邪予防や貧血予防にもいいと言われている《ビタミンC》。水溶性で熱に弱いため、サラダなど火が通っていないものから摂取した方がいいらしくジュースにはぴったりの成分かもしれません。BiBi-noteによると一日に必要な《ビタミンC》は成人女性で100ミリグラム。しかし一定量以上は排せつされてしまうため、過剰な摂取は意味がない!? とも言われています。
 2位には《食物繊維》がランク・イン。大塚製薬によると、18歳以上の食物繊維の摂取目標量は男性が19グラム以上、女性が17グラム以上ですが現代人のほとんどがその目標量に達していないのだとか。《食物繊維》というと野菜を摂ればいいのだから野菜ジュースを飲んでいれば大丈夫! と思っている人が多いかもしれませんが、そうとも言い切れません。教えて!gooの「教えて!ウォッチャー」には、野菜ジュースは野菜をそのまますりつぶしただけの状態では飲みにくいため食物繊維を除去しているものが多く、さらに一般的な野菜ジュースには果実も多く含まれているので、飲みすぎると糖質過多になってしまう落とし穴があるという気になる意見が投稿されています。
 成分も大事ですがその摂取方法も考えるともっと嬉しい効果が期待できるのかもしれないですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12376票
投票期間:2011/6/30~7/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません