“英吉利”を“イギリス”、冬から春にかけて吹く“東風”を“こち”と読むように、日本語には難読漢字や当て字を使った漢字が数多く存在します。これは食べ物を表す漢字においても同様です。
 「食べ物をあらわす漢字で読めないものランキング」で第1位となったのは、日本の食卓には欠かせない脇役の《鹿尾菜》。 ホンダワラ科に属する褐色の海藻で、短いシカの尾に例えられるこの食べ物の読みは“ひじき”。読みを知った上であらためて漢字を見直すと「なるほど!」とうなずけます。熱帯低木 “キャッサバ”の根から採取したでんぷんを原材料とする2位の《西米》の読みは、デザートでおなじみの「タピオカ」。《西米》は “西穀米”と表記される場合もありますが、沖縄ではこの表記の中国・福建省読みが語源とされている 「シークービー(またはセーカクビー)」と呼ばれているようです。
 3位に入った《章魚》(たこ)は、“蛸”や“鮹”、“鱆”と表記する場合があります。魚屋や寿司屋など、街中でいずれかの漢字を見かける機会は多いのではないでしょうか? 4位の《甘藍》(キャベツ)や5位の《独活》(うど)なども、昔ながらの八百屋の値札などでは目にする機会がある漢字です。この後も6位の《李》(すもも)、9位の《豌豆》(えんどう)、10位の《辣韮》(らっきょう)と、国語の先生でも簡単には読めそうにない漢字が続きます。あなたは全部の漢字を正しく読めましたか?