今や女の子にとってメークで欠かせない重要なポイントといえば、目ヂカラをアップさせること。「デート前に一番気合が入るポイントランキング」でも1位が「目もと」となっており、メークの際には目ヂカラをアップすべく努力している人は多いはず。一方、メークの中でも難しいと感じる人が多いのもアイメーク。頑張ってかわいく仕上げたはずなのに、結局失敗して落ち込んだ…なんて経験も珍しいことではないのでは? そこで今回は、みんなが失敗してしまった駄“目”メークについて聞いてみました。

 最も多くの人が失敗したことがあるのは、《描いたときはバッチリでも、時間が経つと… 「にじみ目」》。目を大きく印象的にみせてくれるアイライナーはメークの必須アイテムと言えますが、時間が経つと次第ににじんでしまい、化粧直しが大変…なんてことに陥りがち。さらにマスカラとアイライナーを使ってバッチリメークをしたつもりが、《まばたきし過ぎて、気がついたら… 「パンダ目」》になってしまったなんて人も多いよう。「テクが必要・難しいと感じるアイメイクランキング」でも「アイライン」が1位となっており、《左右が同じに描けない 「アシン目(トリー)」》や《目のキワに上手く描けない 「ヨレ目」》といったアイラインについての悩みは尽きないようです。  そんな女子におススメしたいのが、資生堂から秋の新商品として発売される「インテグレート」の「キラーウインクジェルライナー」。これまでにもペンシルタイプやジェルタイプのものなど、さまざまなタイプのアイライナーが発売されていますが、「キラーウインクジェルライナー」はジェルをペンシル化することでジェルのつやと濃密発色を保ちながらも、テクニックのいらない使いやすさを実現。やわらかな感触で、アイライナーの苦手な女の子でも、簡単に瞳インパクトになれるようです。

今なら発売に先駆け「キラーウインクジェルライナー」の10,000名様モニターキャンペーンを実施しているので、この機会に試してみる価値は大いにありそうです。gooランキングの「駄“目”のお悩み解消! 特集」特集もチェックして、駄“目”メークからの卒業を目指してみては?