ウィンタースポーツの代名詞といえばスキーやスノーボード。各スキー場では集客のために様々なサービスを考案していますが、中でも実際に「あると嬉しい!」との声が高かったのは《温泉・スパ施設》。《コンビニ》や《銀行・ATM》など、利便性を高めてくれる施設も上位にランク・インしました。
 スキーやスノーボードで遊び疲れた体をほぐしてくれるのが、《温泉・スパ施設》。ゲレンデ内に温泉施設があったり、リフト券を持っていれば近くの温泉に安く入れたりと、多くのゲレンデが力を入れています。中には、大浴場だけでなくミストサウナや露天風呂を完備しているところも。《銀行・ATM》も、スキー場にあると便利です。滑っている間は、あまり大金を持ち歩きたくないものですから、帰宅用の現金は滑り終わってからその場でサッとおろせれば、これは便利です。そのほか、朝早くにゲレンデに着いてしまった人のためにあると便利なのが7位の《仮眠室》。スキー場への移動の疲れをとるために、数時間でもゆっくり眠れる場所があると重宝しそうです。スキー場によっては、1位の《温泉・スパ施設》の中に仮眠がとれるスペースもあるそうなので、お目当てのスキー場が決まったら、事前にウェブサイトなどで営業時間を確認するといいかもしれません。
 意外に人気がなかったのは《ゲームセンター》や《ボーリング・カラオケ》などのレジャー施設。スキー場に行ったらやっぱり楽しみたいのはウィンタースポーツ!なのかもしれませんね。