普段何気なく使っている携帯電話。生活に密着しているだけに「携帯を忘れた!」、「海外で携帯が使えないかも…」という場面で思わず焦ってしまったという経験がある人も多いのでは? スマートフォンのシェアも急速に拡大し、携帯電話があれば電話もネットもできてしまう昨今。携帯が思うように使えない環境ではストレスを感じてしまう人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、海外でガマンしている携帯電話の利用法について聞いてみました。

 1位は《電話で話す》。国内にいれば家族割引などを使って料金を気にせず《電話で話す》こともできますが、海外にいると電話をかければかけただけ料金がかかってしまうので、通話をガマンしているという人はやはり多いよう。続く2位には《友人・家族へメールをする》がランク・インしており、携帯を持っていても料金などを気にして海外では親しい人にもなかなか連絡を取りづらい…という不満がある人も多いのかもしれません。携帯での通話は利用した分がそのまま通話料となってしまうので料金を考えると海外では利用を躊躇してしまうかもしれませんが、メールに関してはパケットの定額サービスを使えば 、海外だから…といって料金を都度気にするということがなくなります。たとえばドコモの「海外パケ・ホーダイ」なら、どれだけ使っても1日の上限額は日額最大2,980円。あまり使わなかった時は使った分だけの料金で済むので、対応している国を予めチェックして渡航先での設定方法を調べておけばいざという時に役立ちそう。料金を気にせずネット接続ができれば、メールはもちろん、いざというときに《地図でルートを調べる》、《レストラン、観光情報を収集する》といったことも気軽にできるので、慣れない海外での強い味方になってくれそうです。

 「インターネットや携帯電話から一切離れて我慢できそうな期間ランキング」では「2日〜3日ぐらい」と「1日ぐらい」と答えた人が圧倒的に多く、海外旅行とはいえ携帯電話が使えず数日間ネットもメールもできないという状況は苦痛に感じる人も多いはず。快適で安心な海外旅行にするためにも、携帯電話を海外で利用できる環境を整えておくことは大切なことと言えそうですね。