セリフや言い回しに特徴があるアニメや漫画は多いものですが、そのストーリーにハマっていなくても耳に残っていることも多く、ふとした瞬間に口を突いて出てしまい、恥ずかしい思いをした経験もあるのでは? そこで「実は会話の中で使ったことのあるアニメ・漫画キャラの語尾」について聞いてみました。

 1位ランク・インしたのは《ナリ》でした。藤子・F・不二雄原作の漫画『キテレツ大百科』のコロ助の語尾が代表的。どんな言葉の語尾につけても馴染む使いやすさと嫌味のない可愛らしさが人気の理由の一つかもしれません。続いて2位には《ござる》が入っています。忍者キャラクターに多い《ござる》。ふざけて使っていたつもりが、オフィシャルな場面でうっかり口をついて出てしまった……なんてことがないように気をつけたいものです。

 4位には高橋留美子原作『うる星やつら』のラムちゃんの口癖《っちゃ(だっちゃ)》が入っています。天真爛漫なキャラクターのイメージをそのままに、メールなどで使ってみるのもアリかも!? みなさんが実は使ったことのある語尾は何位に入っていましたか?