映画の世界には完全なオリジナル作品だけでなく、小説やコミック、テレビドラマなどを原作にする作品が数多く存在する事はよく知られていますが、実は日頃遊んでいる人気ゲームの中にも映画化されているものが少なからずあるのはご存じでしょうか?

 映画化されたゲームの中でも特に多くの人が「えっ、この作品が?」と驚いたのは《スーパーマリオブラザーズ》。ゲーム史上最も有名なキャラクターとしてギネスブックにも掲載されている人気キャラクター「マリオ」が登場する国民的人気のアクションゲームです。映画化は1993年にアメリカで行われ、『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』の邦題で日本でも公開されましたが、世界観が異なる、実写化によってゲームのイメージとかけ離れたなどの理由からか、残念ながら日米共に興行成績は不振に終わりました。  恋愛シミュレーションゲームを世に広めた名作《ときめきメモリアル》も、映画化されていた事に驚く人が多かったようですね。こちらは1997年にフジテレビが「ぼくたちの映画シリーズ」第3期作品として制作したもので、榎本加奈子中山エミリ矢田亜希子ら当時の若手スターたちが多数登場して話題を呼びました。

 このほかにも《ストリートファイターII》や《バイオハザード》などの人気ゲームが上位に名を連ねていますが、注目したいのは格闘ゲームの《鉄拳》です。こちらは2010年にハリウッドで実写映画化されていますが、今年9月には日本の制作チームが手がけたフルCGアニメーション版『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』の公開も予定されています。自分の好きなゲームの世界でどのような形で映像化されているか興味がある人は、劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか?