社会と関わっていく以上、嫌な相手、付き合いづらい相手に遭遇するのは避けられないものです。友人・知人であればそんな時は付き合いをやめるという選択肢もありますが、そうはいかないのが職場の上司や先輩。特に一緒に行動を共にする機会が多い先輩が、先輩風を吹かす面倒なタイプだった時は、会社へ行くのが嫌になってしまいます。

 そんな先輩風を吹かしている人の中でも特に多いのが、《自分の仕事論を押し付けてくる》タイプや《仕事の成功エピソードをしつこく話してくる》タイプ。本人は自分の経験を踏まえて後輩へアドバイスをしているつもりなのですが、悪意によるものではないだけにたちが悪いのがこのタイプ。終業後もお酒に付き合わせて延々と持論を語ったり、自分の成功したやり方から外れたら不機嫌になったりと面倒な事この上ありません。  《休日出勤が当たり前だと思っている》タイプもやっかいです。仕事をやる以上ベストを尽くすのは当然。時には休日出勤や徹夜での作業も必要な事は確かですが、それを仕事の基本であるかのように語るのは問題ですよね。《徹夜自慢をしてくる》のもこのタイプに共通する特徴ですが、「自分が無理しているんだからお前も無理をしろ」と押しつけてくるのは勘弁してほしいものです。

 このほかにも《「仕事が忙しくて」が口癖》な人や《業界用語をやたら使いたがる》人などが上位にランク・インしていますが、こんな先輩に尊敬の念を抱くことができないのは言うまでもありません。もし自分の職場に新人が入ってきたら、嫌な先輩だと思われないようランキングを参考に注意したいですね。