いくつになっても、買い物をする際についつい買ってしまいがちなお菓子たち。定番物から新製品まで…心惹かれる商品が多く販売されていますが、みんなのカバンの中にいつも入っているのは?

 1位は《あめ》でした。手軽に口にすることができる《あめ》は、大人から子どもまで幅広い年代の人に愛される定番お菓子。コンビニやスーパーにずらっと並ぶ《あめ》は、その種類の多さも魅力の一つです。最近では汗で失われがちなミネラルを多く使用した、夏にぴったりな『暑中塩飴』といった商品も販売されています。2位にも、言わずと知れたお口の友達《ガム》がランク・イン。とにかく口に何か含んでいないと落ち着かない…そんな人に人気の《あめ》《ガム》系のお菓子をカバンに常に入れている人が多いようです。
    仕事の合間や授業の休憩中に食べる人が大多数なこともあってか、日本人の好きなお菓子の代表格とも言える《チョコレート》や《スナック菓子》よりも、手を汚さずサッと口にできる《あめ》や《ミント》などを持ち歩いている人が多いことがわかりました。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9843
投票期間:2011/5/25〜6/7
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません