ドラマや映画で、脇役ながら味のある演技で私たちを惹きつける個性派俳優たち。主役の人気俳優だけでなく脇を固める個性派俳優たちに注目している人も多そうですが、中でも思わずみてしまうのは?

 1位は《阿部サダヲ》でした。彼が主演を務める現在フジテレビ系列で放送中のドラマ『マルモのおきて』は視聴率が右肩上がりで、第7話で瞬間最高視聴率21.1%を記録したそうです。舞台を中心に俳優としての実力を着々と上げ、2007年に公開された映画『舞妓Haaaan!!!』で映画初主演にして第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞し知名度を上げた彼。来年から公開されるNHK大河ドラマ『平清盛』へも出演が決まるなど、今や“個性派俳優”の枠を越えた活躍を見せています。2位には《大泉洋》がランク・イン。現在公開中の映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』にも出演し、俳優・タレント・声優と幅広いフィールドで活躍する彼も、個性派俳優として支持を集めています。他にも多くの作品で存在感を発揮する《温水洋一》や《生瀬勝久》などの人気個性派俳優が上位にランク・インする結果となりました。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:20976票
投票期間:2011/5/5〜5/29
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません