子どもの頃はお正月の楽しみだったお年玉ですが、大人になるとあげてばかりになるので、子どもがうらやましいと感じることも。親戚に子どもが多い場合は、それぞれにいくらお年玉を渡そうか悩むところです。子どもにあげた最高額は、1位に《5,000円以上10,000円未満》、2位に《10,000円以上20,000円未満》と続きます。最近の子どもはお正月にはかなりのお金持ちになっているようです。
 《5,000円以上10,000円未満》が、多くの人のお年玉としてあげる最高額に入りました。子どもの数が少なければよいですが、複数の子どもにこの金額を出す場合には、かなりの額を準備しないといけません。5位には最高額《500円以上1,000円未満》が入っています。小学生ぐらいの子どもにはこれぐらいの金額で抑えたいところですが、最近ではそれも難しいのでしょうか。《100,000円以上》という超高額のお年玉を渡した人もほんのわずかですが10位にランク・イン。孫がかわいいおじいちゃん、おばあちゃんが渡した金額かもしれませんね。
 お年玉でまとまった金額をあげるときは、子どもにお金の使い方を教育する良い機会でもあります。今年のお年玉をきっかけに、子どもと一緒にお小遣い帳をつけてみてはいかがでしょうか?