今年の4月からあだち充が『−浅丘高校野球部日誌−オーバーフェンス』を週刊少年サンデーで連載をスタートさせたことが話題に。世代を超えて愛されるあだち充のマンガであなたが一番好きな作品は?

 堂々の1位に輝いたのはやっぱり《タッチ》。双子の兄弟達也と和也、幼なじみの浅倉南を中心に繰り広げられる恋愛と野球がテーマになった《タッチ》は、これまでのコミック総売上げが1億部を超える超人気作品。それまでの野球漫画といえばスポ根ものが主流でしたが、やわらかい画風と野球そのものではなく野球を通して登場人物が成長していく青春ストーリーに仕上げられた《タッチ》は、性別や世代を問わず高い人気を得ています。連載開始は1981年と今から30年も前になりますが、2005年には長澤まさみ主演で映画化され、若い世代の人にとってもおなじみの野球漫画と言えるのではないでしょうか。2位は1992年から『週刊少年サンデー』で連載された《H2》。こちらも《タッチ》同様、2005年に実写化され、国見比呂役を山田孝之、古賀春華役を石原さとみが演じました。野球漫画でありながら、友情も恋愛も描かれる青春漫画として楽しめるのもその魅力の一つかもしれません。
 ストーリーはもとより、みんなが思わず憧れてしまうようなキャラクターを数多く生み出しているあだち充の人気作品がズラリと並んだ今回のランキング。あなたが好きなマンガは何位にランク・インしていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:25560票
投票期間:2011/5/11〜5/18
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません