同じ携帯ゲーム機を持っている人とすれ違った際に、Wi-Fiを利用してアイテム交換やメッセージなどのやり取りを自分で操作することなく瞬時に行える「すれ違い通信」。国内ではニンテンドーDSの『nintendogs』で初めて採用され、爆発的なヒットを記録したRPG『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』で多くの人の知るところとなりました。

 今年2月に発売されたニンテンドー3DSでは本体側に標準搭載されるなど、今後ますます対応ゲームが増えるのは間違いないすれ違い通信。この機能をもしゲーム以外の目的で使うとすれば、どんなことが楽しそうかを聞いてみたところ、多くの人が挙げたのは、《近くにあるお店のお薦めアイテム》のやり取りでした。最近はGPS機能を生かして周辺情報を提供するサービスが携帯電話やスマートフォンで人気ですが、同様のサービスが携帯ゲーム機でもできたらとても便利ですよね。上位にはこのほかにも《近くにあるお薦めの料理店》や《近所でやっているイベント(お祭りなど)情報》など、周辺情報に関するものがランク・インしました。

 周辺情報に次いで多かったのは、《自分のお薦めアニメ・ドラマ・映画》や《お薦めの本》といった、自分以外の人はどんなものを好むのか、興味を持っているのかを知ることができるというもの。自分の世界を広げるという意味で、このような情報に触れるのは非常に価値があることですが、いざ触れようとした時にどうすればいいのかが分からない人も多いはず。もし携帯ゲーム機で手軽にこうした情報をチェックできるなら、それにこした事はありませんね。