6月19日は父の日。家族のために毎日忙しく働いている父親に感謝の気持ちを表す日ですね。近年は母親に比べて家庭での立場が弱く、あまり尊敬されていない存在という印象が強い父親ですが、本当はカッコイイところだっていっぱいあるのです。

 「お父さんカッコイイなあ」と思ったのはどんなときかを聞いてみた所、最も多かったのは《仕事の大変さを実感したとき》でした。家ではパンツ一枚でウロウロと歩き回り、所構わずオナラをする父親も、一歩外に出れば7人の…いえ、もっと多くの敵と戦う戦士。疲れた体と心を休めたい家庭ではだらしない所を見せていますが、《仕事をしている姿を見たとき》や、いざ自分たちが働くようになったときには、本当の格好良さが分かるはずです。  もっと身近な所では、《力仕事をしてくれたとき》や《虫を退治してくれたとき》など、大人の男性ならではの行動もカッコイイと感じる人が多いようですね。このようなときは父親側も家庭での立場向上のためにとつい張り切ってしまうものですが、あまりに張り切り過ぎて失敗し、さらに「かっこわるい〜」と評価を下げてしまうケースもチラホラとあるようなのでご注意を。

今回のランキングでちょっと意外なのは、《母に内緒でお小遣いをくれたとき》が思いのほか低い順位に終わったことでしょうか。世の中には子どもから良く思われるためにお小遣いをあげたり、何かを買ってあげたりする父親もいますが、そんな事をするよりも自分を磨き、その姿を見せてあげる方がずっと効果的なのかもしれませんね。