旅行に行った際に買うお土産には、空港や駅などで売っているものを選べばわかりやすいしハズれも少ないし…とその土地の有名菓子を選ぶという人は多いはず。とはいえ、お土産の定番の有名菓子を地元の人はそんなに食べないということもよくあること。実際に地元の人に愛されているその土地の郷土菓子といえば、どんなものがあるのでしょうか。

 全国の郷土菓子の中でも「食べてみたい!」と多くの人から支持されたのは、仙台を中心とする東北の郷土菓子《ずんだ餅》。枝豆をすりつぶして甘く味付けした「ずんだ」を餅にまぶしたもので、素朴な味が人気です。仙台ではずんだ餅を伊達政宗が考案したという説もあるそうで、お土産としても人気のお菓子。仙台土産の定番「萩の月」を製造している菓匠三全では、《ずんだ餅》やずんだスイーツを専門とする飲食店舗「ずんだ茶寮」を展開。仙台のみならず東京にも出店しており、手軽に《ずんだ餅》を味わうことが可能です。カフェを併設している店舗もあるので、気になる人はチェックしてみては? 2位は、岐阜県飛騨地方の郷土菓子である《みだらしだんご》。名前だけ見るとみたらし団子と間違いそうですが、この《みだらしだんご》とは串に刺した団子をあぶり、しょうゆをつけて焼くというシンプルな団子のこと。通信販売などでも購入は可能ですが、やはり地元の店で香ばしい香りを楽しみながら出来立てを食べたいという人は、旅行をした際に地元で味わってみてはいかがでしょうか。3位にランク・インしたのは熊本の郷土菓子《黒糖ドーナツ棒》。細長い棒状のドーナツで、ふんわりと甘い黒糖のやさしい味わいが後を引くお菓子で、現在は通信販売などでも人気の商品となっているのだとか。子どもから大人まで楽しめる《黒糖ドーナツ棒》は熊本土産にぴったりの一品と言えそうですね。

 ランキングを見ると、郷土菓子というだけあって実はよく知らない…なんてお菓子も数多くランク・インしているのでは? ランキングを参考に全国各地のまだ広く知られていない地元の銘菓を探してみるのも楽しそうですね。