長時間勉強や仕事を続けていると眠くなったり、集中力が切れてきたりしますよね。気分転換のやり方は人それぞれあると思いますが、5分間で気分転換をするなら何をしますか?

 1位は《コーヒー/紅茶を飲む》です。「コーヒーを飲むと目が覚める」とよく言うように、コーヒー/紅茶には脳を目覚めさせ、疲労を回復させる働きがあると言われています。それはコーヒー/紅茶に含まれているカフェイン成分によるもの。良い気分転換にはなりますが、飲みすぎるとカフェイン中毒になることもあるのだそう。飲みすぎは体に毒なので気をつけた方が良さそうです。2位は《音楽を聴く》がランク・イン。少しの時間でも自分の好きな音楽を聞くとリラックスできますよね。3位に入ったのは《甘いものを食べる》です。マイボイスコムの2008年に行われた『気分転換とお菓子』の調査によると気分転換のために口にするお菓子の1位はチョコレートでした。チョコレートは“手軽で食べやすいお菓子”というだけでなく、その香りに集中力や注意力、記憶力を高める効果があるなど気分転換にはピッタリのお菓子だそうですよ。
 今回のランキングには他にも《ストレッチをする》や《顔を洗う》がランク・インしていました。勉強や仕事の合間に実践してみると良い気分転換になるのではないでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13644票
投票期間:2011/3/30〜2011/4/12
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません