阿部サダヲと芦田愛菜のW主演が話題のドラマ『マルモのおきて』が4月からスタートしましたが、意外にも阿部サダヲはこの作品が民放の連続ドラマ初主演なのだそう。これまでに数々の作品に出演してきた阿部サダヲが特に光っていたと思う作品は?

 1位は宮藤官九郎が脚本を担当し、阿部サダヲが映画初主演を果たした《舞妓Haaaan!!!》。阿部サダヲは熱狂的な舞妓ファンのサラリーマン役を演じ、第31回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。そのハイテンションな演技は圧巻で、野球選手を演じた堤真一との掛け合いもこの作品の魅力の一つとなっています。コメディでありながら最後にホロリとする《舞妓Haaaan!!!》は、阿部サダヲの代表作として多くの人の記憶に残っているようです。2位は《医龍−Team Medical Dragon−》。人気漫画のドラマ化で話題となったこの作品は高視聴率を獲得し、第3シリーズまで制作された人気ドラマ。阿部サダヲは天才麻酔医の荒瀬門次役を演じました。コメディのイメージが強い阿部サダヲですが、シリアスな作品にもぴたりとハマるその演技に驚いた人もいるのではないでしょうか。
 俳優としての活動だけでなく、バンド「グループ魂」のボーカルを担当するなど多方面で活躍中の阿部サダヲ。今後の活躍も楽しみですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17123票
投票期間:2011/3/24〜3/31
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません