女性誌などには「モテ○○」や「愛され○○」といった言葉が並び、自分をかわいく見せるために様々な努力をしているという女性は多いはず。日頃からファッションやメイク、そして細かな仕草まで熱心に研究しているという人もいるのでは? とはいえ、そんな自分を可愛く見せるために頑張っている行動が裏目に出てしまう……なんてことがあるかもしれないので要注意です。

 やればやるほど「かわいい」から遠ざかる仕草の第1位は《自分の頭をこぶしで軽く「コツン」》。何か失敗してしまった時に自分の頭を「コツン」として、かわいさをアピールする——。実際にそういった仕草をする女性がどれくらいいるかはわかりませんが、失敗をするたびに自分の頭を「コツン」としている女の子を見ると「あれって、計算なの!?」と「かわいい」からは遠ざかってしまいそう。続く2位は《鼻にかかった喋り方》。「思わず『オレ、いけそうな気がする〜』と思ってしまうときランキング」では「甘い声で話しかけられる」がベスト5にランク・インしており、女の子の甘い声に男性はかなり弱い様子。男性にはやりすぎぐらいがちょうどいいなんてこともあるのかもしれませんが、甘えたような《鼻にかかった喋り方》もいきすぎると「あれはちょっと…」と思ってしまう人が多いよう。3位には《アヒル口》がランク・イン。「アヒル口がかわいい女優・アイドルは?」というランキングでは「板野友美」や「上戸彩」など人気の芸能人が上位を占め、今や女性からも支持されている《アヒル口》。写真のキメ顔には《アヒル口》で…という人もいるかもしれませんが、かわいく見せようとするあまり不自然な《アヒル口》をするのは「かわいくない」との評価を受けてしまうようなので注意が必要です。

 いずれも「自然に」できれば男性受けしそうですが、同性からは「かわいこぶってるのでは?」とチェックが入りそうなしぐさがズラリと並んだ今回のランキング。何事もほどほどがよい……といえそうですね。